証拠金について


FX(外国為替証拠金取引)を行うためには取引業者に口座を開設し、資金を預け入れる必要があります。その資金のことを証拠金と呼びます。もともとは証拠金は商品先物取引で使われている用語で、取引の担保として預け入れる資金を指します。証拠金については、レバリッジをかけるまえの必要な取引金額を預けるだけでよいので、取引自体はそれよりもかなり高額な金額で行うことができます。10万円の証拠金で10倍のレバリッジをかけるとすれば、100万円の取引が可能になるということです。


証拠金には3つの種類があります。・必要証拠金現在所有している外貨の持ち高に必要な資金です。・受け入れ証拠金業者に預けている資金の全額です。・使用可能証拠金新たに取引に使える金額です。FX取引を始めるにはFX業者に口座を開設する必要があるのですが、証拠金についてはその呼び方や最低金額が違ってきますので注意が必要です。証拠金の最低金額は1万通貨単位で5万円前後の業者が多く、また一般的に取引をしていなければ引き出すことが可能です。

photo by: Alex E. Proimos