ロスカットとは?


FXは元金の何倍もの金額を取引することができる金融商品です。大きなレバレッジをかければかけるほど、大きな儲けを期待することができますが、損失も大きくなるケースがあります。為替相場が大きく変動した場合には、思わぬ損失を被るケースもあります。元金以上の損失を被る可能性もあります。ロスカットとはこのような大きな損失を避けるために取られている制度であり、FX業者が、投資家の意思とは関係なく、強制的にポジションを解消することです。


自分の意思とは関係なく、強制的に決済がされてしまうので、あまりに高いレバレッジで行なっていると、思わぬタイミングで損失が確定されてしまうこともあります。自分がポジションをとっている間は行われてほしくない制度ではありますが、証拠金以上の損失を発生させないよう管理をしているのです。ロスカットを防ぐためには、レバレッジを低くする必要があります。そういう意味では、ロスカットとは投資家を守るための制度といえるでしょう。

photo by: levork