生産者物価指数(PPI)とは


生産者物価指数(PPI)とは、生産者の卸売価格を指数化したもので、通常の生産者物価指数と価格変動が大きい食品やエネルギーを除いたコア指数があり、物価の推移を見る上においてはコア指数の方が重視されます。米国の場合、国内の製造業者の販売価格を調査し、製造段階別、品目別及び産業別の数値が毎月中頃に労働省から発表されます。日本でいうと企業物価指数に相当しますが、出荷時点の価格だけでなく輸送費や流通マージンが含まれている点が米国の生産者物価指数と異なります。

生産者物価指数(PPI)とは、指数が大きいと物価が上昇し貨幣価値が下がるものの、指数が小さい、或いはマイナスの場合は物価が下がり貨幣価値が高くなります。前者の場合が続くと金融の引き締めが行われ(政策金利の引き上げ)通貨が買われやすくなる一方、後者の場合には金融緩和(政策金利の引き下げ)により通貨が売られやすくなります。欧米において生産者物価指数は、かつて卸売物価指数と呼ばれ、日本でも2000年まで卸売物価指数が採用されていました。