じっくり派ならロングトレンドがおすすめ


FXでは売りから相場に入ることも買いから入ることもできますが、じっくり派ならロングトレンドがおすすめです。理由は二つほどあります。一つ目の理由は、買いの損失リスクが限定されていることです。売りは青天井なので、損失に際限がありません。為替は相対的なものなので、ペアになっている一方の通貨を買えば、もう一方の通貨を売ることになりますが、それでも取引の時に、売りから入るか買いから入るかで違いが生まれます。買いから入ったときには、買った通貨の価値がゼロになった時点で、損失の拡大はストップします。

じっくり派ならロングトレンドがおすすめのもうひとつの理由は、特に円を売り外貨を買った場合のロングポジションで高いスワップを受け取れることが多い、ということです。これは今後の金利の変動によって、当てはまらなくなるケースも出てくるでしょうが、現在のところ、多くの場合、円を売って、外貨を買うことで、金利差であるスワップポイントを受け取れることが多いのです。特にロングポジションをじっくり保有するときには、スワップポイントが蓄積していって、かなりの儲けになることも多いのです。

photo by: Koshyk