ダウ平均とは


ダウ平均とはダウ平均株価のことを省略した言葉です。世界的なビジネス紙のウォール・ストリート・ジャーナルを発行しているアメリカ合衆国のダウ・ジョーンズ社が算出して、発表するアメリカの代表的な株価指数のことを言います。一般的にダウ平均といった場合はダウ・ジョーンズ工業株価平均を指します。日本では、日本経済新聞社がダウ・ジョーンズ社と独占契約をしていて、発表している日経平均株価がダウ平均にあたるものです。

 

ダウ平均とはアメリカ合衆国の株式市場で歴史がある株式市場であります。その市場の動向を日々、表すバロメーターとして広く世界中に浸透しています。また、ダウ・ジョーンズ工業株価平均はダウ・ジョーンズ社が発表する30の優良銘柄で構成されている平均株価指数のことを指していて、アメリカ合衆国を代表するニューヨーク株式市場の重要な株式指数になっています。ダウ・ジョーンズ社が平均株価の算出するにあたって企業はアメリカ合衆国国内だけではなく世界的な優良企業です。

生産者物価指数(PPI)とは


生産者物価指数(PPI)とは、生産者の卸売価格を指数化したもので、通常の生産者物価指数と価格変動が大きい食品やエネルギーを除いたコア指数があり、物価の推移を見る上においてはコア指数の方が重視されます。米国の場合、国内の製造業者の販売価格を調査し、製造段階別、品目別及び産業別の数値が毎月中頃に労働省から発表されます。日本でいうと企業物価指数に相当しますが、出荷時点の価格だけでなく輸送費や流通マージンが含まれている点が米国の生産者物価指数と異なります。

生産者物価指数(PPI)とは、指数が大きいと物価が上昇し貨幣価値が下がるものの、指数が小さい、或いはマイナスの場合は物価が下がり貨幣価値が高くなります。前者の場合が続くと金融の引き締めが行われ(政策金利の引き上げ)通貨が買われやすくなる一方、後者の場合には金融緩和(政策金利の引き下げ)により通貨が売られやすくなります。欧米において生産者物価指数は、かつて卸売物価指数と呼ばれ、日本でも2000年まで卸売物価指数が採用されていました。

消費者物価指数(CPI)とは


消費者物価指数(CPI)とは、消費者が購入する商品やサービスの価格を示す指数であり、中でも食品やエネルギーを除くコア指数の数値が重要視されます。インフレ動向を示す指数であるため、発表された数値は日本だけでなく米国をはじめとする各国の中央銀行の金融政策に影響を与えます。消費者物価指数(CPI)は、数値が上昇していれば物価が上がっていることを、数値が低ければ物価が下落していることを意味します。一般的に物価が上昇していると金融引き締め、すなわち政策金利を上げる


政策を、物価が下落しているなら金融緩和政策が採られます。外国為替市場でとりわけ注目される米国の消費者物価指数は、米国の都市部に住んでいる消費者が購入する商品やサービスの総合的な価格を指数化したもので、1982年の物価水準が基準となっており、毎月中頃に前月分の指数が発表されます。日本の消費者物価指数(CPI)とは、東京都区分と全国の2種類があり、すべての商品を対象とする総合指数の他に、生鮮食品除く総合指数が総務省統計局により毎月発表され、2000年の物価水準が基準になっています。

photo by: loop_oh

雇用統計とは


雇用統計とは、国内である時点での労働者数、失業率に付いての統計が行なわれ毎月発表されており、国の雇用状況が表される経済指標の事です。労働市場が悪化したり回復したりする事は、個人所得や国内総生産、個人消費などに直ぐに影響が表れるため、雇用統計とは様々な分野の人達が注目し、経済の動向を把握するために利用を行なっています。雇用統計とは、これからの経済の先行きを判断する材料にもなるもので、国の景気実態ともいえます。


雇用統計とは、投資を行なう人達にとっても重要な情報となっています。特に大国であるアメリカの雇用統計は、経済指標として最も注目をされ、景気のトレンドともいえるので、毎月の発表後には、経済の先行きの不安、あるいは景気回復の期待などから、為替相場や株の相場に大きな影響を与え、価格が乱高下する場合もあります。この大きな動きを狙ってFXなどでトレードを行なう人も多いですが、相場が予想外の動きをする場合も多く、リスクが高い取引となります。

photo by: Saad.Akhtar

FOMC(Federal Open Market Committee)とは


FOMC(Federal Open Market Committee)とはアメリカ・連邦公開市場委員会のことでアメリカの金融政策の一つとなっている公開市場操作の方針を決定する委員会の名称です。FOMCはFRB(連邦準備制度理事会)の理事7名や地区ごとの連邦準備銀行総裁5名で構成されており、アメリカに於ける金融政策を決定する最高意思決定機関です。声明文はFOMC開催最終日の東部時間2時15分に公表され、議事要旨は制作決定日の3週間後に公表されます。


現在委員長はバーナンキ氏ですがこのFOMCの政策決定とバーナンキ議長の会見発言で為替は結構影響を受けることになります。特に近年ではQEとよばれる量的金融緩和を行っているため、これが継続するか終了するかといったことで国債金利や株価にも影響をあたえ、為替も同様に上下する要因となります。FOMC(Federal Open Market Committee)とはそんなアメリカ合衆国の金融政策を決定する委員会の名称なのです。

photo by: kevin dooley

FXに有効な経済指標


 

FXで儲けるために絶対に必要なのが、市場分析です。

分析を十分にしないでトレードに挑戦するとほぼ100パーセント損します。

たまたま勝ったとしてもそれは偶然であって、勝ち続ける事は不可能です。

分析対象となる経済指標は多くの種類が存在して、初心者の方はどれをみたらよいか分からないかと思われます。

そこで、最低限理解しておくべき経済指標をご紹介します。

ダウ平均とは

生産者物価指数(PPI)とは

消費者物価指数(CPI)とは

雇用統計とは

FOMC(Federal Open Market Committee)とは

 

fx口座開設の魅力の一つ


fx口座開設する人が増えています。そのfx口座開設の動機はもちろん人それぞれでしょうが、その中でも最も私たちの関心事になりやすい動機とはズバリ、キャッシュバックでしょう。

fx口座開設すると、キャッシュバックが受けられるというキャンペーンをしているfx会社は世の中に多くあります。しかもそのキャンペーン内容は高額であることで有名で、最大で五万円のキャッシュバックをしているところもあります。

fx口座開設の理由は様々ですが、キャッシュバック目当てでも十分立派な動機になるでしょう。

キャンペーンが熱いことで有名なfxですが、注意点もあります。その最大の注意点とは、条件がある、ということです。ただ口座を開設するだけではダメで、ほとんどのfx会社が一定金額以上の入金や取引をキャッシュバックの条件として定めているところがあります。そのような条件に注意することで、私たちは口座開設時に多額のキャッシュバックを受けられます。

そのキャッシュバックされたお金をどのように使うかは勿論あなたの自由です。

しかし、これを機にfxデビューしてみましょう。思わぬ才能が開花するかもしれません。

fx取引のスワップ金利


資産運用を始めようとお考えの方の中で、どのような金融商品取引を行えばよいかわからずに迷っているという方も大勢いらっしゃると思います。そのような方には、資産運用の初心者にも大人気のfx取引をお勧めします。
fx取引とは、ある国とある国の間の通貨レートの差に着目してポジションを取りそこから為替差益を狙うという取引です。
また、この為替差益に加えて二つの国の間の短期金利の差であるスワップ金利収入も狙うことができるのです。

このスワップ金利収入とは、短期金利の低い金利の通貨を売り短期金利の高い通貨を買うというポジションを取っている場合に発生するもので、毎日その金利差分のスワップポイントと呼ばれる利益を得ることができるのです。
通貨によって短期金利は大きく違います。この差に着目してこのスワップポイント狙いのfx取引を行うこともできます。
こうした二つの利益を狙うことができるという点も、個人投資家から大きな支持を得ている要因なのです。

投資技術を向上できる情報の質と量でfx業者の比較を


専業、先物商品系、証券会社系などfx業者はそれぞれの起業の成り立ちからいくつかに分かれ、どの業者も同じように見えますが、各社の特長がサービスやシステムに反映されているものです。
初心者がfx業者を比較する際はシステムの単純明快さと投資情報の豊富さで選ぶことをおすすめします。
なかには専門用語が多く難解なところもあります。複雑で高度なシステムの集積がfxでもあるので、その複雑さを直感的に分かりやすく、簡単に操作できるものが一番です。

 

fxは投資です。投資であるならば、利益を上げるための投資と、資金効率を高めることが重要です。勝率を上げるためにはきちんとした売買技術も必要になり、それに役立つ情報が定期的に提供されるかもfx業者の重要な比較検討になります。

証券会社手数料に差があるものの、fx業者はほとんど横並びです。
またサービス面は証券会社が同じケースが多いのに対して、fx業者は大きな差があります。このサービス、投資経験に応じて自分の投資スタイルに当てはまるかどうかが大切になってきます。

fxブロードネットで始まる新しい生活


私は特に趣味もなく、実家から会社に通っているため給料を貰ってもほとんど使わず、たまに友達に会うときに使ったりするくらいで貯めるばかりでした。
そんな時に同僚からFXに関する事を聞き、どうせ貯金するだけなら資産運用もいいかもと思い始めました。帰ってすぐに検索してみると、色々な企業のサイトがあってどこが良いのかまったくわかりませんでした。
そんな中同僚にメールで聞いてみると、同僚が使っているfxブロードネットというサイトを教えてくれました。

小額から取り引きができる事や手数料などがかからない事が書いてあり、失敗しても少しくらいの損で済むならと思いfxブロードネットに口座開設をしてみる事にしました。
いざやってみると、小額とはいえお金を出しているので暇さえあれば携帯電話などからちょっと見たりなど、FX中心の生活になりました。現在少しずつですが貯金も増え始め、fxブロードネットで始めてよかったと思います。
ずっと銀行に預けっぱなしより、少しずつですが増えているので嬉しい限りです。