ボストロアカウントとは


ボストロアカウントとは、銀行間取引が行われる際に、資金決済を行うための口座のことです。英語ではVostro Accountと書きます。銀行間取引に使われる言葉ですので、金融関係の商品に詳しい方などは良く耳にしている場合も多いと思います。ボストロアカウントについて説明します。

日本にある銀行では日本円以外にもアメリカドル、ユーロ、ポンドなどの多種多様の海外通貨も取り扱っています。通貨間には為替レートがあり、円とドルの売買を行う場合でも、その変動によって金額が変わります。そのたびに為替レートを気にしながら、決済を行うことはリスクが大きいです。

その為替レートによるリスクを回避するために行われているのが、日本の銀行がアメリカにアメリカドル建ての口座を持って、決済を行う方法です。これならば、為替レートに影響されることがありません。この現地の通貨をそのまま決済に使用するために持っている口座のことをボストロアカウントというのです。

photo by: kevin dooley

FX会社のメンテナンス時間は絶対チェック!


FX会社のメンテナンス時間は絶対チェックしたほうがよいでしょう。というのも、メンテナンスの時間はシステムを停止し、取引が出来なくなってしまうからです。相場の世界において、オーバーナイトなど、ポジションを保持したまま週や日をまたぐということは、リスクがかなり大きい行為です。多くのFX会社は取引の行われていない土曜、日曜にメンテナンスをすることが多いのですが、金曜の夜にうっかりと忘れてそのまま深夜取引を続け、いつの間にか…ということが少なくありません。


また、土日だけでなく、システムの不具合などによる緊急メンテナンスなどのアナウンスにも注意しておくべきです。そのためには、口座を持っているFX会社からの情報は常にオープンにし、即座に対応出来るようにしておかなくてはなりません。年末年始、クリスマスといった、取引の極端に少なくなる時期の運営時間にも注意が必要です。メンテナンスの間にポジションが望まない方向へ行ったとしても、指を咥えて観ていることしかできないとしたら、辛いものです。FX会社のメンテナンス時間は絶対チェックを忘れないようにしましょう。

photo by: JanneM

ドル円はショートで稼ぐ!


ドル円はショートで稼ぐ方が向いています。理由としては過去のチャートを見れば分かりますが、ドル円は上昇する時は緩やかですが、下降する時は一気に落ちるからです。これだけでもドル円はショートで稼ぐ方が向いていることが分かります。ドル円はよほどのことが無い限り急激に上昇することはありません。ショートで入って念のため損切りの設定を入れておけばまず大失敗するようなことにはなりません。ショートで入る場合は短期取引の方が向いています。


さらにドル円の特徴として経済指標があります。経済指標はその通貨のレートが大きく動く場合が多いですが、ドル円の場合は経済指標の結果が事前の予想と同じ場合がほとんどです。また事前予想より良くても急激に上昇する場合が少なく、逆に事前予想より少しでも悪いと急落することが多いです。このことからもドル円はショートで稼ぐ方が向いています。経済指標の結果が悪そうな場合は事前にショートで入る準備をしておけば大きく稼げるチャンスです。

photo by: epSos.de

じっくり派ならロングトレンドがおすすめ


FXでは売りから相場に入ることも買いから入ることもできますが、じっくり派ならロングトレンドがおすすめです。理由は二つほどあります。一つ目の理由は、買いの損失リスクが限定されていることです。売りは青天井なので、損失に際限がありません。為替は相対的なものなので、ペアになっている一方の通貨を買えば、もう一方の通貨を売ることになりますが、それでも取引の時に、売りから入るか買いから入るかで違いが生まれます。買いから入ったときには、買った通貨の価値がゼロになった時点で、損失の拡大はストップします。

じっくり派ならロングトレンドがおすすめのもうひとつの理由は、特に円を売り外貨を買った場合のロングポジションで高いスワップを受け取れることが多い、ということです。これは今後の金利の変動によって、当てはまらなくなるケースも出てくるでしょうが、現在のところ、多くの場合、円を売って、外貨を買うことで、金利差であるスワップポイントを受け取れることが多いのです。特にロングポジションをじっくり保有するときには、スワップポイントが蓄積していって、かなりの儲けになることも多いのです。

photo by: Koshyk

FXの入門書のご紹介


FXの入門書のご紹介というと最近は、FXをはじめる人がとても多くなっていますので、FXのことについて解説されている入門書などが、インターネットのオンライン書店などで、たくさん扱われていてとても人気になっています。FXをはじめる人はとても多くなっていますが、やりかたなどが難しく感じるひともいるので、書籍などでしっかりとしたやり方などを覚えてFXをはじめていくのがいいと思います。そうするとはじめやすくなります。

 

また、FXの入門書のご紹介では、いろいろなFXに関する本が紹介されていますので、自分が読んで一番わかりやすい本を選ぶといいと思います。そういった入門書は、初心者向けにかかれている本もたくさんありますので、自分のレベルに合わせた本を選ぶと、FXのことがわかりやすくなって、自分がはじめる際もとてもいいと思います。FXはインターネットなどでもとても話題になっていますので、自分にあった入門書で勉強するのもいいと思います。

FXコラム


 

負けない初心者になる!FXコラム

FX会社のメンテナンス時間は絶対チェック!

FXの入門書のご紹介

じっくり派ならロングトレンドがおすすめ

ドル円はショートで稼ぐ!

fx取引のスワップ金利

投資技術を向上できる情報の質と量でfx業者の比較を

fxのスプレッドと取引スタイル

fxのランキングの参考と利用

取引スタイルに応じたfx会社の比較

fx口座開設は、投資スタイルによって業者選びも違ってきます

fx用語のスワップとは