徒然雑記


ゲームのキャラクターのグッズは非常に人気があります。ゲーム好きの人にはたまらない魅力があります。ゲームグッズの販売は色々なアイテムがあります。人気のあるものですと購入するのが大変です。インターネットからも購入できるものもあります。文房具などでよく使われています。子供だけでなく大人もコレクションとして収集している人もいます。景品などでも使われています。女子に人気のあるものと男子に人気のあるものが違います。


インターネットをこまめにチェックしますとレアな商品にめぐり合うチャンスが生まれます。ゲームキャラクターのぬいぐるみや小物なども多く販売されています。専門のショップもありますので探してみると楽しいです。ゲーム機などを収納するケースなどでもゲームキャラクターが使用されているものもあります。好きな物を手に入れて使用すると気分も違います。中には購入をして転売をして儲けている人もいます。マニアは意外に多いものです。

ナッシングダンとは


ナッシングダン、つまり英語で言うところのNothing Doneとは、取引が不成立の状態のことを言います。この言葉は証券会社や銀行などのディーラーの使う言葉で、必ずしもFX専門に使われるということばではありませんが、FX取引でもディーラーが使う言葉となっているというわけです。

Doneというのは基本的に取引が成立したことを表す言葉です。そのDoneの前にNoghingをつけることによってNothing Doneで取引が不成立となったことを示しているわけです。ディール上では売買することなく提示されたプライスを見送った場合に、ディーラーが相手に伝える言葉として使われています。

ディーラーの取引上で使われる言葉というのは、短いフレーズで確実に相手に意味を伝えなくてはならないので、ある意味で非常にわかりやすいものが多くなっています。個人のFXトレーダーがNoghing Doneと口走る機会はありませんが、こうしたターミノロジーは覚えているとおもしろい言葉の一つです。

テイクザオファーとは


テレビのニュースでは、為替についての耳慣れない言葉を聞くことがあります。日常生活を過ごす上では、あまり使うこと無い為、なじみが薄いといえます。外国為替で使う為替レートでは、自国の通貨が他国通貨に比べ、どの程度の価値を持っているかを数値で表したもので、時間の経過と共に常に変化しています。

外国為替取引は月曜から土曜の早朝にかけて行われています。株式ではひとつの場所にすべての注文を集めて値段を決める取引所取引が行われていますが、為替取引は取引を行いたい人の間で行われるため、相対取引といいます。取引で使われる価格のうち、低い方の値をビッド、高い方の価格のことをオファーと呼びます。

ビッド価格に比べ、通常高く提示されるオファーは、別名アスクと呼ばれます。アスクは売りのオーダーを出す行為を指しています。英国ではアスクが用いられ、米国ではオファーが用いられます。テイクザオファーとは売りのオーダーに対し、買い手がたたく行為を表わしますが、これらの需給の変化によって為替レートは刻一刻と変動していきます。

ディオーダーとは


FX取引において、買いにせよ売りにせよ、指値を注文したその当日だけ期限付きで有効に行うことができるようにしているのがディオーダーです。1日の終わりは、ニューヨークの取引時間の終了時としているFX業者がほとんで、この時間までのオーダーがディオーダーということになります。

しがたって気をつけなくてはならないのは、日本時間で翌日の午前0時を超えるとオーダーは自動的に無効になると思っていると、翌朝6時ごろまでは生きているのが基本であるため勘違いすることがないようにしなくてはなりません。あくまでFXにおける1日の終わりはニューヨーク取引時間のお終いということです。

ディオーダーは現在市場で見えているトレンドが1日程度しかもたないという見込みのときに使うと有効で、さらに長いトレンドがある場合にはGTCという自分で取り消さないかぎりオーダーが生きている状態を利用するのが得策ということになります。このあたりの使い分けが取引には重要になってきます。