指値注文とは


指値注文とは、売りたい値段、買いたい値段を指定して、売買注文を出す方法のことです。例えば、1ドルが91円のときに、90円で買いの指値注文をしていれば、1ドルが90円以下になったときに買いが約定します。上述の例で、1ドルが92円で売りの指値注文を出していれば、1ドルが92円以上になったときに売れるわけです。指値注文を利用することで、なるべく安く買い、なるべく高く売ることができます。また、長い時間相場を見ていることができない場合などに、注文だけしておけばいいので便利です。


指値注文とは、値段を指定して注文できる方法なので、メリットの多い方法ではありますが、注意点がないわけでもありません。主要な指標が発表されるときなど、相場が大きく動くようなときには、予想をはるかに超えて値が動くときがあります。そうした場合には、安値で買うつもりが、かなり高い値段での買いになったり、高く売るつもりが、実に安い値段での売りになってしまっていることもあります。また、本当にいい値段で取引をするためには、チャート分析などで、指値する値段を的確に判断する力が求められます。

photo by: e³°°°