IFO(IFD+OCO)注文とは


IFO(IFDプラスOCO)注文とはまさにIFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法のことを言います。一般的にはIFOCO注文などとも言われます。IFO注文ではひとつの新規注文と2つの決済注文(つまり指値と逆指値)を同時に発注することができるのです。即ち一度に三つの指示を出す事ができるということです。もう少し判りやすく言えば、決済注文に2つの指示が出せるIFD注文というのが正しい説明になると思います。


IFO注文の利点は、IFD注文だけでは新規注文は成立したものの、決済注文が成立しないまま損失が拡大してしまう危険性があります。そのリスクを排除するためにIFO注文を用いる事で損失拡大を防ぐロスカット注文も予め入れておくという方法です。つまりIFO(IFDプラスOCO)注文とはリスクを注文段階で最小限に抑えてくれる注文形態であるといっていいでしょう。これをうまく使いこなしてロスカットの設定を行えばむやみな損失拡大を抑える事が可能です。

photo by: Mrs Logic