リスティング広告のメリットやデメリット


リスティング広告とは、検索エンジンで検索したときにその検索した内容に関連して検索結果画面に出てくる広告のことをいいます。言葉自体は知らなくてもいつの間にか目にしているという人も多いでしょう。

 
リスティング広告のメリットはモチベーションが高い人に宣伝できるという点です。インターネット上で検索をかける人はそのキーワードに対して興味や関心がある人だといえます。検索結果画面をじっくり見る人がたくさんいるので、より高く広告の効果を期待することができるでしょう。

 
クリックを1回するごとに課金されるというシステムのリスティング広告は、非常に手軽で簡単なので無理せずに自分ができる範囲で始めることができます。パソコンを使用すれば運用状況をどこでもいつでもチェックすることができるので難しい知識や作業などは必要ありません。クリックされた回数やかかっている費用、予約や購入されたかどうかなどを詳細に知ることができるので、現状を把握するときに便利です。

 
リスティング広告を開始するにあたって必要とされるものはアカウントだけなので、予め登録しておくことによって時間をかけずにすぐに掲載できる点も魅力的でしょう。継続することも簡単で、必要となる面倒な手続きがないので、新たに広告を出したくなったときにもストレスなくできます。中止するときも電車広告やCMなどと違ってすぐに利用を停止できるので便利です。

 
リスティング広告に活用されるいくつかのキーワードをコントロールできる点もメリットといえます。利用し続けていると予約や購入されやすいキーワードがわかってくるので、より効率的にできるようになるでしょう。

 
一方でデメリットも存在するので注意が必要です。ターゲットを絞っているので様々な人に広く知ってもらうことは難しいです。また、効果が高いキーワードや紹介文を考えるまでにはある程度の手間や時間がかかってしまうので、根気強く模索していくことが大切となってきます。

サーバーとクラウドサーバーについて


サーバーはクライアントからの要求を受け、必要な処理後に結果を返信する役目を受け持つ機能です。コンピュータははじめはスタンドアロン型といって、コンピュータ内だけで完結する処理が行われていましたが、次第に離れたコンピュータ間でのやり取りをできないかと考えて、クライアントサーバー型という形態が生まれました。

 
別のコンピュータへデータを送受信したり、リモートログインしたりすることから始まり、メール機能の開発で非同期でやり取りができるようにもなります。
インターネットが普及すると、インターネット上でクライアントサーバー型通信が行われるようになり、リモートログインやメールのやり取りも知っている相手から無数の相手をやり取りできるようになります。webブラウザが有名になってからはネットサーフィンが流行り、ホームページを作成する一般人も増えます。

 

そして、データ通信は回線上にアナライザ機器を繋げると中身がまるわかりになってしまうので、この頃から暗号化技術も普及し、httpではなくhttpsから始まるURLを見かけるようになります。
オフィス等でも分散環境が多くなり、メールサーバー、ファイルサーバーといろいろなサーバー機器を配置して効率化を図るようになります。

 

ただ、その後、分散が進みすぎると結局煩雑さが増して運用管理が大変だったり、リソースの余剰が問題になったりと問題があることが判明し、徐々に分散から統合の方向へシフトが始まります。

 
リソースの統合やサーバーの統合とあらゆるものを統合すると便利でエコだとわかると、一斉に企業も動き始めます。そんな時に、ある有名な人物がクラウドコンピューティングという統合技術を発して以降、世界はクラウド化へ流れていったのです。

 

アマゾンやGoogleは自社でもっている大量のサーバー郡を操作可能なクラウド施設として改変して、商売をし始めます。施設内ではクラウドサーバーが自動処理でコンピューティング資源を分配します。

Webサイト制作会社の賢い選び方


業種や宣伝する目的などに合わせてWebサイト制作会社を選ぶのが、イメージ通りのホームページを作るための基本です。個別の制作会社のサイトで料金を調べたりこれまでの納入実績を確認するのが、最も一般的な発注先の選び方です。

 

特に個人経営の店舗や小規模な企業の場合には広告宣伝予算が限られているので、格安なウェブサイトの作成プランがある会社を選ぶべきです。テンプレート式の割安なプランや定額料金制のシンプルなメニューがある会社を選ぶと、30万円前後の予算でも魅力的なサイトを作ることができます。

 

しかしインターネットを通じて企業のイメージを高めたいときには、ハイグレードなウェブサイトの作成プランを選ぶ必要があります。特にコーポレートサイトの制作実績が多い会社は、企業の概要を紹介するコーナーや人材募集用のページもセットで作ってくれるので便利です。また常に新しい情報を紹介したいと考えている企業に人気があるのは、定期的なホームページの更新サービスです。サイトの構築に加えてメンテナンスもセットで依頼すると、新着情報の発信やホームページの不具合などのトラブルにも迅速に対応できるようになります。お洒落で機能的なホームページを作ることも大切ですが、定期的に広告宣伝効果を確かめることも重要です。

 

アクセス解析などを制作会社に依頼して、その結果を今後のコンテンツの充実に役立てるのが賢い方法です。特にページ別のアクセス数や時間帯別の訪問者数も詳細に分析すると、今後のPR戦略にも大いに生かせます。

 

一方で情報収集のスタイルは時代と共に変化しており、スマートフォン向けのサイトを作ることも必要です。スマートフォンの画面は小さいので、作業を発注するときにはデザインセンスが良い会社を選ぶのが理想的です。デザインにもこだわりを持つ制作会社であれば、コンパクトなスマートフォンの画面にも適した機能的なサイトを作ってくれるので安心です。

徒然雑記


ゲームのキャラクターのグッズは非常に人気があります。ゲーム好きの人にはたまらない魅力があります。ゲームグッズの販売は色々なアイテムがあります。人気のあるものですと購入するのが大変です。インターネットからも購入できるものもあります。文房具などでよく使われています。子供だけでなく大人もコレクションとして収集している人もいます。景品などでも使われています。女子に人気のあるものと男子に人気のあるものが違います。


インターネットをこまめにチェックしますとレアな商品にめぐり合うチャンスが生まれます。ゲームキャラクターのぬいぐるみや小物なども多く販売されています。専門のショップもありますので探してみると楽しいです。ゲーム機などを収納するケースなどでもゲームキャラクターが使用されているものもあります。好きな物を手に入れて使用すると気分も違います。中には購入をして転売をして儲けている人もいます。マニアは意外に多いものです。

ナッシングダンとは


ナッシングダン、つまり英語で言うところのNothing Doneとは、取引が不成立の状態のことを言います。この言葉は証券会社や銀行などのディーラーの使う言葉で、必ずしもFX専門に使われるということばではありませんが、FX取引でもディーラーが使う言葉となっているというわけです。

Doneというのは基本的に取引が成立したことを表す言葉です。そのDoneの前にNoghingをつけることによってNothing Doneで取引が不成立となったことを示しているわけです。ディール上では売買することなく提示されたプライスを見送った場合に、ディーラーが相手に伝える言葉として使われています。

ディーラーの取引上で使われる言葉というのは、短いフレーズで確実に相手に意味を伝えなくてはならないので、ある意味で非常にわかりやすいものが多くなっています。個人のFXトレーダーがNoghing Doneと口走る機会はありませんが、こうしたターミノロジーは覚えているとおもしろい言葉の一つです。

テイクザオファーとは


テレビのニュースでは、為替についての耳慣れない言葉を聞くことがあります。日常生活を過ごす上では、あまり使うこと無い為、なじみが薄いといえます。外国為替で使う為替レートでは、自国の通貨が他国通貨に比べ、どの程度の価値を持っているかを数値で表したもので、時間の経過と共に常に変化しています。

外国為替取引は月曜から土曜の早朝にかけて行われています。株式ではひとつの場所にすべての注文を集めて値段を決める取引所取引が行われていますが、為替取引は取引を行いたい人の間で行われるため、相対取引といいます。取引で使われる価格のうち、低い方の値をビッド、高い方の価格のことをオファーと呼びます。

ビッド価格に比べ、通常高く提示されるオファーは、別名アスクと呼ばれます。アスクは売りのオーダーを出す行為を指しています。英国ではアスクが用いられ、米国ではオファーが用いられます。テイクザオファーとは売りのオーダーに対し、買い手がたたく行為を表わしますが、これらの需給の変化によって為替レートは刻一刻と変動していきます。

ディオーダーとは


FX取引において、買いにせよ売りにせよ、指値を注文したその当日だけ期限付きで有効に行うことができるようにしているのがディオーダーです。1日の終わりは、ニューヨークの取引時間の終了時としているFX業者がほとんで、この時間までのオーダーがディオーダーということになります。

しがたって気をつけなくてはならないのは、日本時間で翌日の午前0時を超えるとオーダーは自動的に無効になると思っていると、翌朝6時ごろまでは生きているのが基本であるため勘違いすることがないようにしなくてはなりません。あくまでFXにおける1日の終わりはニューヨーク取引時間のお終いということです。

ディオーダーは現在市場で見えているトレンドが1日程度しかもたないという見込みのときに使うと有効で、さらに長いトレンドがある場合にはGTCという自分で取り消さないかぎりオーダーが生きている状態を利用するのが得策ということになります。このあたりの使い分けが取引には重要になってきます。

ボストロアカウントとは


ボストロアカウントとは、銀行間取引が行われる際に、資金決済を行うための口座のことです。英語ではVostro Accountと書きます。銀行間取引に使われる言葉ですので、金融関係の商品に詳しい方などは良く耳にしている場合も多いと思います。ボストロアカウントについて説明します。

日本にある銀行では日本円以外にもアメリカドル、ユーロ、ポンドなどの多種多様の海外通貨も取り扱っています。通貨間には為替レートがあり、円とドルの売買を行う場合でも、その変動によって金額が変わります。そのたびに為替レートを気にしながら、決済を行うことはリスクが大きいです。

その為替レートによるリスクを回避するために行われているのが、日本の銀行がアメリカにアメリカドル建ての口座を持って、決済を行う方法です。これならば、為替レートに影響されることがありません。この現地の通貨をそのまま決済に使用するために持っている口座のことをボストロアカウントというのです。

photo by: kevin dooley

FXの基礎知識


 

 

FXは為替の取引によって利益を得ることを目的とします。

FXには取引の方法が様々にあるので、まずはFXの取引方法を覚えましょう。

自分のスタイルに合った取引方法を選び、追求していくのが最善の道といえます。

 

FXの注文方法の一覧

成行注文とは

指値注文とは

逆指値注文とは

IFD注文とは

OCO注文とは

IFO(IFD+OCO)注文とは

 

 

FX会社のメンテナンス時間は絶対チェック!


FX会社のメンテナンス時間は絶対チェックしたほうがよいでしょう。というのも、メンテナンスの時間はシステムを停止し、取引が出来なくなってしまうからです。相場の世界において、オーバーナイトなど、ポジションを保持したまま週や日をまたぐということは、リスクがかなり大きい行為です。多くのFX会社は取引の行われていない土曜、日曜にメンテナンスをすることが多いのですが、金曜の夜にうっかりと忘れてそのまま深夜取引を続け、いつの間にか…ということが少なくありません。


また、土日だけでなく、システムの不具合などによる緊急メンテナンスなどのアナウンスにも注意しておくべきです。そのためには、口座を持っているFX会社からの情報は常にオープンにし、即座に対応出来るようにしておかなくてはなりません。年末年始、クリスマスといった、取引の極端に少なくなる時期の運営時間にも注意が必要です。メンテナンスの間にポジションが望まない方向へ行ったとしても、指を咥えて観ていることしかできないとしたら、辛いものです。FX会社のメンテナンス時間は絶対チェックを忘れないようにしましょう。

photo by: JanneM