ナッシングダンとは


ナッシングダン、つまり英語で言うところのNothing Doneとは、取引が不成立の状態のことを言います。この言葉は証券会社や銀行などのディーラーの使う言葉で、必ずしもFX専門に使われるということばではありませんが、FX取引でもディーラーが使う言葉となっているというわけです。

Doneというのは基本的に取引が成立したことを表す言葉です。そのDoneの前にNoghingをつけることによってNothing Doneで取引が不成立となったことを示しているわけです。ディール上では売買することなく提示されたプライスを見送った場合に、ディーラーが相手に伝える言葉として使われています。

ディーラーの取引上で使われる言葉というのは、短いフレーズで確実に相手に意味を伝えなくてはならないので、ある意味で非常にわかりやすいものが多くなっています。個人のFXトレーダーがNoghing Doneと口走る機会はありませんが、こうしたターミノロジーは覚えているとおもしろい言葉の一つです。