ディオーダーとは


FX取引において、買いにせよ売りにせよ、指値を注文したその当日だけ期限付きで有効に行うことができるようにしているのがディオーダーです。1日の終わりは、ニューヨークの取引時間の終了時としているFX業者がほとんで、この時間までのオーダーがディオーダーということになります。

しがたって気をつけなくてはならないのは、日本時間で翌日の午前0時を超えるとオーダーは自動的に無効になると思っていると、翌朝6時ごろまでは生きているのが基本であるため勘違いすることがないようにしなくてはなりません。あくまでFXにおける1日の終わりはニューヨーク取引時間のお終いということです。

ディオーダーは現在市場で見えているトレンドが1日程度しかもたないという見込みのときに使うと有効で、さらに長いトレンドがある場合にはGTCという自分で取り消さないかぎりオーダーが生きている状態を利用するのが得策ということになります。このあたりの使い分けが取引には重要になってきます。